活動報告

活動報告

 

第21回ミュージックフェスティバル〜器楽・声楽編〜

2017-02-05
■日 時:2017年2月5日(日) 14:00開演
■入場料: 500円
■出 演:  ♪松村美咲(箏)
       ♪神澤智香(ソプラノ)/古園恭美(ピアノ)
       ♪小林祐香理(ソプラノ)/椴山さやか(ピアノ)
       ♪雨林美由紀(フルート)/畑辺論子(ピアノ)
       ♪井筒紗貴子(メゾソプラノ)/船橋茉莉子(ピアノ)
       ♪大西玲子(パイプオルガン)
       ♪原田泰彦(バリトン・カウンターテナー)/古園恭美(ピアノ)
       ♪北島都也(ソプラノ)/杉下純子(ピアノ)
       ♪古園恭美(ピアノ)
       ♪谷田浩子(パイプオルガン)

今回のテーマはつなぐでした。
出演者の皆さんが「つなぐ」というテーマに沿い、選曲した思い思いの曲を箏、フルート、ピアノ、パイプオルガン、そして声楽に乗せてお届けしました。
お客さんからは、今年は出演者のレベルが高くとても素晴らしい演奏会だったとの声をたくさんいただきました
これからもセミナリヨは音楽ホールとして、皆さまと音楽をしっかりとつないでいきたいと思います

リズムに合わせてリトミック

2017-02-02

日 時:平成29年 2月 2日 (木)
     【0〜1歳児コース】 10:00〜10:45
     【2〜3歳児コース】 11:00〜11:45
参加料:親子1組 1回 500円
場 所:あづちマリエート 

ピアノの音に合わせて、雪を集めて固めて転がして雪だるまを作る真似をしました。

お母さんもお子さんもボールを1ケずつ持って歩き回りました。

雪だるまの絵にシールを貼ったり、パネルシアターに出てくる動物になりきったりしました。

最後に豆まきの歌を歌いながら豆を投げる真似をしました。

雪が舞う寒い日でしたが、広い体育館の中でリズムに合わせて元気いっぱい動き回っていただきました。

ワンコインコンサート シリーズ99

2017-01-21
日  時:平成29年1月21日(土)
     10:30開演(10:00開場)
   
                
場料500円〈自由席〉      
                          
出  演:吉岡 由美(フルート)
     千藤 里子(フルート)
     川島 ゆかり(フルート)

「春の訪れ〜3本のゴールドフルートで奏でる新春の響き〜」

新年1回目のワンコインコンサートはフルートのトリオでお届けしました
偶然にも出演者3名が同じメーカーの同じゴールドのフルートを持っておられたので、その響きはいつもにも増してぴったり重なっていました
フルート3本のために書かれた作品を演奏していただいたり、聴きなじみのある曲を演奏していただいたり
そして、今回は特別に文芸セミナリヨの専属オルガニストの城 奈緒美さんにも加わっていただき「アヴェ・マリア」を披露していただきました
文芸セミナリヨからお越しいただいたみなさんにささやかなお年玉となりました

ワンコインコンサート シリーズ98

2016-12-27

日 時:平成281224日(土)
     10:30開演(10:00開場)   
                
入場料:500円〈自由席〉      
                          
出  演: 岸部雅史(トロンボーン)
       安岡やよい(ユーフォニアム)
       松尾京子(ピアノ)
    
「クリスマスに贈る金管ノエルサウンド」


今回はクリスマスイブに金管楽器のトロンボーンとユーフォニアムそしてピアノという組み合わせでお送りしました「ジングルベル」ではサンタの帽子をかぶり演奏しながら登場クリスマスソングや映画音楽など子どもだけでなく大人の方にも満足いただけた内容で、ユーフォニアムとトロンボーンのソロもあり、金管楽器のステキな音色がホールに響き渡りました
トロンボーンとユーフォニアム用の楽譜がなく、ヴァイオリンとチェロなどの楽譜を使って演奏しているなどの小話もあり、お話を交えての楽しいコンサートになりました

文芸セミナリヨ クリスマスコンサート2016

2016-12-20
開催日/平成28年12月18日(日)
      14:00開演 (13:30開場)

出 演/村元彩夏(ソプラノ)
      ジャン=フィリップ・メルカールト(パイプオルガン) 

 12月の恒例企画となったクリスマスコンサートが今月18日に、セミナリヨホールで開催。

 当日は、すっきりと空も晴れ渡り、気持ちの良い公演日を迎えることが出来ました。

 今年は、10月に東京オペラシティで行われた第85回日本音楽コンクール本選会の声楽部門で第1位に輝いたソプラノ歌手、村元彩夏さんと、ベルギー出身で、現在は栃木県の那須野が原ハーモニーホールのオルガニストを務めるジャン=フィリップ・メルカールトさんをお迎えし、クリスマスシーズンにぴったりのプログラムをお送りしました。
 村元さんの透き通るような美しい歌声と、メルカールトさんが奏でる軽やかで正確なタッチのオルガンの音色はホールの中でバランスよく絡み合い、とてもシックな心地よい優しい雰囲気のクリスマス公演になりました。
 お客様からはヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」やアンコール曲のJ
.S.バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」、そしてオルガン曲ではチャイコフスキーの「くるみ割り人形」が特に評判で、選曲の良い素晴らしい公演だったとの声をいただきました。

 
プログラム/ブクステフーデ/トッカータ ヘ長調

       ヘンデル /《メサイア》アリアより「シオンの娘よ、大いに喜べ」

   J.S.バッハ/《クリスマスオラトリオ》アリア「答えたまえ、わが救い主よ、汝の御名はそも」

      チャイコフスキー/《くるみ割り人形》より「葦笛の踊り」「ロシアの踊り(トレパック)」

   アントニン・ドヴォルザーク 《ルサルカ》「月に寄せる歌」

    {アンコール}J.S.バッハ/主よ、人の望みの喜びよ        ほか

     

安土・歴史探訪「安土城天主復元について」

【日 時】平成29年3月19日(日)13:00~
【場 所】セミナリヨ講習室・安土城天主信長の館
【テーマ】金碧障壁画の成立 
【講 師】橋本欣三氏 [伝統工芸師・橋本光厳堂元代表取締役]

       安土城天主信長の館の事業として、展示物や、地域に関して    の詳しい講座を定期的に行っています。今回は、予定していた    講師が変更になりましたが、同じく信長の館の安土城天5,6    階部分の金箔や金紙の部分を製作された伝統工芸師を講師に迎    え、金碧障壁画や天井の絵の部分についてをお話いただきまし    た。参加者の方々は、身近でも今まで知らなかった、障子や襖    についてや、和紙の優れた特色、また、糊を貼る具合の微妙な    加減、天井画の製作への苦労と工夫などの解説を熱心に聞き     入っておられました。また、後半は、信長の館に移動し、復元    安土城天主の実物を見ながらの講師の解説があり、通常では知    り得ない職人の驚くべき技の熱心なお話に感動の声もいただき    ました。
お問い合わせフォーム
お気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせはこちら

公益財団法人
安土町文芸の郷振興事業団


1.コンサートホール
2.体育館、グランド、
  テニスコート貸出
3.展示施設(観光)
4.食事
5.歴史・文化・学習
────────────────

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休館日
8月14日(月)は安土城天主信長の館・文芸の郷レストランは特別開館いたします。
0
0
9
0
5
7